Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

サツマビーグルのブログ村

Blog

マリーの子育て(その2)

Posted on July 13, 2018 at 10:45 PM
本日は、生後30日目になるマリーの仔犬とその子育てを紹介する。

もう通常であれば、仔犬は離乳食をパクパクと激しい勢いで食いつくが、この度マリーが育てているのは3頭と少なく、母親のミルクを当てにしてあまり食べない。
その様子を順に写真で紹介する。


朝5時30分にマリーは運動場に係留し、トイレと食事をさせている。

① 仔犬はと言うと、お母さんが居なくなったのでキャンキャンと泣く。。。

























② 子犬に離乳食を与える
ミルクは、食べるがふやかしたドックフードはあまり食べない。



























③ マリーが産室に帰って来る
マリーは、食事がおわると、仔犬が残した離乳食を食べたいために、ウォンウォンと産室に戻せと催促する。10日ほど前までは、仔犬が気になり鳴いていたのだが今はまるで意味が違う(笑)





















④ 子犬は、待ってましたとばかり、マリーのお乳に飛びつく

























⑤ マリーも仕方なくお乳を子犬に飲ます

























⑥ お乳を飲み終わると親子でスヤスヤとお休みタイムとなる。



























おわりに

仔犬が3頭と少ないので、ほとんどマリー任せで子育てを行っている。こんな楽な繁殖は初めての経験である。
仔犬が、泣くときは「暑い!以外はほとんどない。。。マリーのお乳を1頭で乳首を3つを独占できる。通常であれは3頭分を1頭で飲んでいる。仔犬も丸々と太って、あまり歩くのも嫌な様である。
しかし、1頭小さい牝仔犬が居る。昼間は暑いのでコンクリート床に産箱を移動しているが、高さ20cm余りの板塀をサラリと乗り越え、犬舎内を元気に探索している。将来の猟野での捜索が思い浮かぶ。昨日も夕方、犬舎に行くと居ないので何処に行ったのか・・・と探していると、なんとお父さんのシロー号のケージで独り寝ているのには驚いた。

毎日、35℃を超える猛暑で、その対策に四苦八苦している。
大型扇風機3台をフル回転させているが、それ以外に12時、15時、17時には犬舎周辺のコンクリートと犬舎並びに運動場の屋根に大量の打ち水を行っている。
因みに、外気温度が35℃になると、犬舎や運動場のコンクリート表面は50℃近くまで暑くなる。打ち水をすると5℃余り低くなる他、運動場に入って来る風はかなり涼しくなる。
尚、外気温度が37℃余り上昇し、運動場の屋根が50℃近くなっても、屋根材の断熱と寒冷紗の効果によって、犬舎や運動場のコンクリート床は約30℃で安定しており、みんなゴロンと横になり、体温コントロールをしている。

猛暑対策には、寒冷紗の設置は効果てき面と言える。是非設置を!!!。。。



Categories: サツマビーグル, ハンター, ブリーダー, 仔犬の子育て, 四国プリンス犬舎, 狩猟犬, 薩摩ビーグル

Post a Comment

Oops!

Oops, you forgot something.

Oops!

The words you entered did not match the given text. Please try again.

0 Comments